ExOne Iron/Bronze データシート

Powder Iron Alloy

ExOneで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
ExOne's 3D Printed Iron infiltrated with Bronze is a matrix material composed of 60% iron and 40% bronze infiltrant. This material offers good mechanical properties, is able to be machined, welded and polished, and offers excellent wear resistance.

Applications
Iron is the most widely used material for industrial applications. This material system is ideally suited for automotive components, machine tools, industrial components, tooling, and decorative hardware.

Composition
Iron: Low base carbon
Bronze: 90% Cu / 10% Sn

Machinability
Conventionally machinable

Weldability
Use silicone bronze rod & TIG weld
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • アジア太平洋地域
  • 北アメリカ
  • 欧州
特徴 
  • 耐摩耗性
用途 
  • 3Dプリンター
  • エンジニアリングパーツ
  • ツーリング
  • 工業用途
  • 自動車用途
  • 装飾用パーツ
形状 
  • パウダー
成形方法 
  • 3D Printing, Jetted Binder
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Good Wear Resistance, Wear Resistant.
用途
用途 may also be described by the following terms: Tooling, Engineering Parts, Automotive Applications, Automotive Sector, Industrial Applications, Decorative Parts, Additive Manufacturing, 3D Printing,3-D Printing.
Available Documents
Technical Datasheet (English)
Metals General
公称値
単位
 
Forms Available
 
 
Metal Type
 
 
Metals Type Analysis
公称値
単位
 
Type Analysis
     
Copper
%
 
Iron
%
 
Tin
%
 
Metals Physical
公称値
単位
 
密度
lb/in³
 
Metals Mechanical
公称値
単位
 
Tensile Strength (Ultimate)
ksi
 
Tensile Strength (Yield), 0.2%
ksi
 
Tensile Elongation (Break)
%
 
硬度 (HRB-Scale)
 
 
引張係数
ksi
 
Metals Thermal
公称値
単位
 
Mean Specific Heat (77°F)
Btu/lb/°F
 
Mean CTE
in/in/°F
 
熱伝導性 (77°F)
Btu·in/hr/ft²/°F
 
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。